もうすぐ12月、クリスマスまであと一ヶ月です。先日、電車の中吊り広告に「イルミ」という文字を発見しました。そう「イルミネーション」の略語です。「人気スポットの最新イルミ」という表現は昨年あたりから出てきたように記憶しています。

そして同じような時期からこの「イルミネーション」の飾りつけ用電飾の主流は、タングステン電球から高輝度発光ダイオード(LED)に取って代わられました。今年は、樹木に巻きつけられたり、通りに面したマンションの窓側に飾られているLEDがとても増えているような気がします。

僕は日本語の乱れがケータイ文化の弊害だとか、景観を考慮に入れないのは問題だとか、クリスマスシーズンを否定するとか、ヤボなことをとやかく言うつもりはありません。ただ、本当にそれが美しいからそうしているとはどう考えても思えないのでした。不気味に点滅する青色LEDがクリスマス的とも思えないのです。

7月の記事、「表参道」 に書きましたとおり、表参道の欅並木はかつて「イルミ」の発祥の地でありメッカでした。その後、さまざまな理由から電飾を中止するのですが、これはこれで当時としては最先端のLOHAS的考え方だったと思います。今年は「表参道イルミネーションが復活」というニュースも伝えられています。最先端のクリスマスデザインを見せてもらいたいものです。

[ 撮影機材データ カメラ:キヤノン EOS 5D RAWモードで撮影(EXIFデータは写真をクリック>Flickrのページ>More propertiesを参照)、レンズ:シグマ 50mm f/2.8 EX DG Macro、手持ち、現像:DPPにてホワイトバランス調整ほか ]

[ クリックしてね!] 人気blogランキングFC2 Blog Rankingブログ村 写真ブログ

テーマ:夕焼けの写真 - ジャンル:写真



| HOME | Next

___________________________________________________________________________________
Copyright © 2006 junku, All rights reserved.

Design by mi104c.